FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葛藤

7月になってキリがいいので更新します(
かなり放置していましたが、更新するつもりはあります(

仮面浪人の理想形は、休学して予備校に通うことだと言う人がいます。
私もそう思います。
休学すれば大学の勉強をしなくて済むどころか、受験のことだけを考えられるからです。

一方、大学通いながらだと、忙しいのは当たり前なのでどうでも良いですが、葛藤し続けることになります。
今の大学に残るという選択肢ですね。

高校生は大学という場に程度の大小はあっても、皆、憧れと期待を抱いているのではないでしょうか。
少なくとも私は抱いていました。大学に行けば知りたかった高校の勉強の裏側が見れると思って。
その夢が実現してしまったわけです。

私の最大の誤算は、北大理学部化学科と1年次から関わりがあったことです。
他の学科はそこまで繋がりが無いらしいのですが、化学科は結構強い関わりを持ってしまいます。
目の前に憧れのフィールドがある状態、心が揺らぐに決まっています。
しかも、北大の教養に文句はありますが(頼むから授業中は静かにして欲しい)、化学科に文句はないという現状…
自分の進路が化学で固定されたら、寧ろ進んで北大に残る可能性さえあります。
進振りがある東大よりも、北大の方が確実ですから。

さて、一体こいつは何故仮面浪人をしているのか、と思う人が殆どだと思いますが、今のところは以下の通りです。
1,化学以外のものを学びたいという気持ち
2,高校時代の怠惰への後悔
3,専門への恐怖
1・2は大学入学前からの動機でしたが、今は3が大きいです。
と言うのも、正直私は北大でももう少しやっていけると思っていました。(尚、私の優先順位は単位>受験)
しかし、それは完全なる誤解だったと思い知らされたのです。あの旧帝とは思えない簡単な入試問題が悪い(
自分はこれから、大学という場、特に専門過程でやっていけるのだろうか。余りにも勉強不足ではないだろうか、と思うようになりました。
何度教科書を読んでも全く分からない、こんな経験は初めてです。
大学は自分の想像よりも遥かに大きな場所でした。
高校時代、殆ど勉強をせず、当たり前のように東大に落ちた自分には、大学に来るのが早すぎたとさえ思います。
東大は教養が2年。これ程魅力的なモラトリアムはありません。

迷走が許されるのは学生までだと個人的には思っています。
今の自分が何をしたいのか、明確に答えられないのが現実です。
ただ、将来後悔するよりは、この1年迷走を続けて自分がしたいことを追いかける方が良いというのが、今の私の答えです。
社会に出て1年を無駄にすることはできない、仮に仮面浪人をやって1年が無駄になったとしても、それは今しかできない。
いつまで仮面浪人を続けるかわかりませんが、私は今でも東大を受けるつもりです。

尚、もし、仮面浪人を不本意ながらする事になるかもしれない人は、所謂Fラン大学に行った方が良いです、真面目な話。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hi-lite

Author:hi-lite
北海道出身
北大理学部を中退、理科一類を経て東大工学部へ進学
Twitter:@hilite69
趣味は書道、ドライブ
2014年9月より1型糖尿病(IDDM)患者

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。