スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センターまで後少し

二次対策中心だった私も流石にセンター対策を交えています。
去年は学校で嫌というほどセンター対策をやらされたお陰で、自ら対策する必要は殆どありませんでしたが、今年は違います。
…とは言いつつ、殆ど二次対策に費やしているのが現状です(

センター過去問点数記録
・国語
07年本試 130点
07年追試 161点
08年本試 155点
09年本試 169点

・地理
01年本試 97点
07年本試 86点
07年追試 71点
08年本試 84点

・数学1A
08年本試 100点

・数学2B
08年本試 98点

・物理
06年本試験 95点

ご覧の通り殆どやっていません(
そして国語の酷さwww現役時の方が遥かにマシです。合格したら後輩に浪人したら国語はダメになると教えたい
意外にも数学は鈍らないようですね。1回だけでは判断できませんが。
今週は多くをセンター対策に割く「つもり」なので、木曜日に再度まとめて記事にしようと思います。

2次対策は、
化学→新演習を終えたから一応新理系100選。1題30分かかるとか鬼畜。テキトーにやって2月から赤本2周目。
物理→道標。解ける問題と解けない問題が7:3って感じ。1月中に復習込で終わる予定。2月から赤本2周目
英語→赤本。思ったほど解けず絶望。実戦形式に慣れるためにも、入試までに2周する予定
リス→トップダウン式ニュース英語のリスニング基礎編。早すぎワロス。終わったらキムタツ無印を復習してスーパーへ
数学なんて科目は知りません。期末試験終わったら泣きながら赤本解きます

二次対策といえば、果たして自分のやり方で結果が出るのだろうか、という不安が一番大きいです。
9月駿台全国模試、10月全統記述模試はさておき、自分なりに対策したつもりだった東大実戦がカスだったので…
一般に参考書には二種類の使い方があると思います。一冊を只管解くタイプとそうではないタイプ。
私は後者です。一部の参考書(主に赤本)を除いて、解けた問題は二度と解きません。
解けるまでは復習し続けますが、解き終えたら終わりです。代わりに上のレベルの参考書に駒を進めます。
その結果が今の道標と新理系100選なのですが、本当に自分はこれらをやる必要があるのだろうか、常に悩みます。
これより一歩下とされている物理標準問題精講、化学新演習を解き終えたとは言え、不安は拭いきれません。
一番怖いのは「たまたま解けた」のを「解き終えた」と誤解することですから。
別に道標や100選が理解できていない訳ではないのですが、失敗は許されないのでどうしても神経質になってしまいますね。
臆病が過ぎて時間が足りないこと承知でタラタラ検算する悪い癖を治せばもう少しまともな点が取れると思うのですが…
まぁ頑張ります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hi-lite

Author:hi-lite
北海道出身
北大理学部を中退、理科一類を経て東大工学部へ進学
Twitter:@hilite69
趣味は書道、ドライブ
2014年9月より1型糖尿病(IDDM)患者

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。