スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が狂う

受かる気が全くしないですね。
去年は落ちて当然だと思っていたので別に良かったんですが、今年は流石に事情が違うので・・・
典型的なクズ浪だと自負しています
勝負は二日目、理科・英語で160点取れるかにかかっています。一日目は90点さえ取れれば…

理科は基本的に(波動・高分子以外の)どのような問題が出ようとも、落ち着いてさえいれば7割解けます。84点位。
計算を間違える、問題文を読み間違える、途中計算がいきなり変異する、等の緊張によるブレさえ無ければ、ですが
流石にこの一年、圧倒的に少ない時間にしても対策をしてきたので、一般的な東大受験生レベルの学力はあるはずです。
問題は緊張。
焦ると理科ほど解けなくなる問題はありません。緊張すると普通に50点まで落ちる。次点がリスニングかな。
分かっていても焦るんですよね…焦らなければ解けるという自信があるからなおさら焦る
模試の成績が夏よくて秋悪かった理由の一つもこれではないだろうか、最近そう思うようになって来ました。
夏は大分テキトーな気持ちで受けられたのに、秋はこれが天王山と意気込んでしまい、結局自爆
多分、易化してくれれば平均+15、難化したら平均-15とかになる気がします。割と真面目に
結局、数学と同じですが、簡単な問題から解き始めると心理的なアドバンテージになると思うので、本番の雲に賭けます

後は英語。段落整序、スペルミス、リスニング、これさえ上手く行けば90点の可能性も0じゃないはずなんですが…
兎に角、やるしかありません。夏の栄冠を取り戻せるように。

余りにも受かる気がしないので勉強を投げ出したいくらいですが、最後の一週間、悔いのないように頑張ります
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

貴方は去年早稲田の理工と北大の後期という難関大学を突破してるのだから素質は十分あると思います
健闘を祈ってます

ありがとうございます。
プロフィール

hi-lite

Author:hi-lite
北海道出身
北大理学部を中退、理科一類を経て東大工学部へ進学
Twitter:@hilite69
趣味は書道、ドライブ
2014年9月より1型糖尿病(IDDM)患者

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。