スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ

今更ガタガタ言っても無駄なんですが、予備校分析をメモしておきます

科目/駿台/河合/代ゼミ/東進/Z会
国語/昨年並/易化/昨年並/昨年並/やや易
数学/難化/昨年並/昨年並/難化/やや難
物理/易化/難化/やや易/昨年並/やや難
化学/昨年並/易化/やや易/昨年並/やや易
英語/易化/昨年並/やや易/昨年並/昨年並

予備校の分析のポイントは昨年比較であることです。
つまり、昨年の問題が難しければ、今年の問題がやや難しくとも易化と判断されます(文面から判断する分に)
去年は全体的に、国語・数学は昨年並、理科が難化、英語が易化という風潮でした。
尚、理科一類以外は平均点も最低点も低下したので全体としては難化と言って問題ない内容だったと思われます。

驚愕なのは駿台・代ゼミの英語「やや易」 去年より簡単な訳無いだろうが…確かに段落整序もディクテーションも無かったけどさ…
後、数学で難化と判断したのが駿台・東進・Z会だけってのも怖いです。受験生の多くは異論を唱えるでしょう。
物理・化学は去年の難化に伴い易化との判断が多いです。ってことは例年並?
個人的には昨年並=やや難だと思います。だって自己採点の感覚が一緒なんだもの(

終わったことですが、どうしても切り替えられないのが人情では無いでしょうか
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hi-lite

Author:hi-lite
北海道出身
北大理学部を中退、理科一類を経て東大工学部へ進学
Twitter:@hilite69
趣味は書道、ドライブ
2014年9月より1型糖尿病(IDDM)患者

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。