スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面浪人体験記3 もしも仮面浪人をする場合

 何度でも言いますが、仮面浪人は絶対にオススメしません。
私は一年間で予備校に世話になったのは模試だけですが、それでも受かりました。予備校に金をかけなくても受かります。仮面浪人をするくらいなら宅浪してください。

 ですが、一年前の私の様にそうは言われてもやってしまう人は多いです。以下の質問の答えが全てYesにならないのであれば、仮面浪人はやめましょう。全てYesになる人だけ、仮面浪人を選択肢に入れてください。

Q1,親が宅浪すら許してくれない
Q2,サークル・バイトなどができなくても構わない
Q3,1年間楽しみがなくても構わない
Q4,ぼっちになっても構わない
Q5,失敗して残り3年間が代償になっても構わない
Q6,周りが遊んでいても勉強できる
Q7,志望大学に行きたい明確な理由がある
Q8,自分が裏切り者だという自覚を持てる

 さて、不幸なことに全てYesになった方は恐らく仮面浪人する気で大学に入ることになるでしょう。
問題はここからです。大学に入学する前から仮面浪人をする気でいるのは簡単ですが、大学の生活に慣れた後でも仮面浪人でいられるかが最大の山場です。面白い大学の講義、大学生活を満喫している周囲、それらから生じる誘惑に打ち勝たなければなりません。もし打ち勝てたとしても、人にもよりますが(私みたいに)最後まで所属大学を裏切ったという罪悪感を感じ続けることになります。
 本当に仮面浪人を成功させたいと思うのであれば、勉強は勿論、何よりもモチベーション維持が大切なので、以下のことを参考にしてください。

1,絶対にバイト・サークルをしない
2,大学内に自分の居場所を見つけない
3,極力友達を作らない
4,極力大学に関わらない
5,もし可能ならば休学する

 私は2と5が無理でした。2は諸刃の刃です。僕は周囲の方々に支えて頂いて合格出来ました。それは単に僕が恵まれていただけであって、必ずしも周囲の人が応援してくれるとは限りません。又、運良く合格できても去る時はやはり辛いです。最初は仮の宿りだと思っていても、一年間過ごすと大分変わると思います。僕は少なくともそうでした。自分の居場所は作るとしても、大学外にしましょう。5は、私個人としては休学するくらいなら仮面浪人しない方が良いと思いますが、中には宅浪はダメで休学は良いという状況に置かれた方も居るかもしれません。その様な場合は、間違いなく休学した方が成功しやすいです。ただ、その場合、自由な時間が増えすぎて往々にして堕落するものなので気をつけてください。

 やむを得ない理由で仮面浪人をすることになった方は応援させて頂きます。何か力になれることがあれば是非コメント欄などでお知らせください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hi-lite

Author:hi-lite
北海道出身
北大理学部を中退、理科一類を経て東大工学部へ進学
Twitter:@hilite69
趣味は書道、ドライブ
2014年9月より1型糖尿病(IDDM)患者

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。