スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強法?1

偉そうに勉強法語れる様な成績じゃないんですが(得点開示したら席次1100とかありえそう)、折角なので個人的に主張したいことをダラダラ書こうと思います。
私は間違いなく最下層合格者なので、へーこんな変な奴もいるんだー程度で読んで戴けると嬉しいです。
1,予備校は不要
 私は結局、一度も予備校に通うこと無く人生が終わりそうです。高校3年間は地元の塾に通っていましたが、仮面浪人時代はどこの世話にもなっていないので、別に予備校に通わなくても東大に受かります。

2,浪人生は穀潰し
 浪人賛美をする浪人生が多くて反吐が出ますね。「浪人してよかった」なんて言って良いのは、合格した後に人生を回顧した時でしょう。現在進行形の事に対して良し悪しの判断をすること自体が難しいのに…「浪人して良かった」とか言う人には「一生浪人していろ」と言いたくなります。「一浪した方が忍耐強くなる」とか言う人には「二浪してもっと忍耐強くなれよ」と言いたくなりますね。結局、どれだけ大学合格へ執着できるかが重要だと思うので、「浪人生は穀潰し」と自分に言い聞かせるくらいで丁度いいと思います。ちなみに仮面浪人だった私は「浪人は穀潰し、仮面浪人はそれ以下の裏切り者」と自分に言い聞かせていました。

3,自分の実力を客観的に評価する
 一番難しい事だと思います。予備校等に通うメリットはコレでしょうか…何度も言うように私は一度も通ったことがないので分かりませんが。少なくとも、私が通っていた塾では大分辛辣な言葉を戴きました。そのお陰で高3の夏、周りが赤本を解く中、私はDuoをやっていました。当たり前ですが、受験勉強は階段のようなものですから、一段や二段なら飛ばせますけど、三段も四段も飛ばせません(飛ばせる人も中にはいますが、それは個人の能力次第なので一概には言えないでしょう)。自分がどのレベルなのか、志望大学がどのレベルなのかを客観的に評価する必要があります。往々にして、志望大学と自分のレベルを現実以上に近づけて考える人がいます。周りが赤本をやっているからーとかいうバカげたノリで全く分からない赤本を解く人もいます。私の様に単語レベルすら怪しい人はどこかで語彙を増やす必要があるのですから、早い内に潰しておきましょう。

4,参考書代をケチらない
 家計との相談なので一概には言えませんが、参考書代をケチるのは勿体無いです。先程申したように、私は受験は階段だと思っています。なので、極力段差の低い階段を描くように学習計画を立てるのが最善ではないでしょうか。そうなると必然的に参考書の数が増えてお金も嵩みます。又、時間との兼ね合いもあるので、参考書を全部解き切らずに次へ進むこともあるかもしれません。勿体無いように思えますが、合格の為を思うと必要な犠牲だと思います。予備校の講座取るよりも安いですし…

5,復習のしすぎは無意味
 私は基本的に一度解けた問題は二度と解きませんでした。例外は理科の赤本だけです。これは二周する価値が在る問題なので出来の如何にかかわらず二周しました。一方で、基本的に解けなかった問題は解けるようになるまで解きました。例外は数学です。私は数学が苦手なので3回解いても解けなかった問題が大分ありましたが、それらは時間との兼ね合いを考え諦めました。時々同じ問題集をバカの一つ覚えみたいに何回も解く人がいますが、本当に何回も解く必要がある問題集なのか聞いてみたいです。当たり前ですが、参考書は重要な問題をメインに収録しています。同じ参考書を二周しても、違う参考書を二冊やっても重要な問題に出会う回数は同じだと思います。同じ問題を繰り返す事で解法を身に付けるよりも、別な問題集を用いて複数のパターンを経て解法を身につける方が応用力も付きますし、忘れにくいのではないでしょうか。逆に、一度解けなかった問題は自分にとって重要度が他の問題よりも高いと考えられます。類題が出題されたら太刀打ち出来ないのですから。それならば、今度は解けなかった問題を繰り返し潰していった方が良いという事になります。勉強時間は限られているのですから、本当に復習する意義がある問題なのか考えてはいかがでしょう。余りにも当たり前の事を何言っているんだ、と言う方も多いでしょうが、私の周りには意外にもこういう人が多数いました。

6,量派は質を、質派は量を意識
 私の勉強時間は一日平均3時間半でした。どう見ても少ないです。これで受かったのだから驚きです。「東大は一日3時間半で合格できるキリッ」なんて偉そうに言いたいところですが、生憎私は運に助けられて受かった事を自覚しているのでそんな事は口が裂けても言えません。ただ、効率(階段の作り方)は割と良かったと思っています。
 さて、質と量のバランスは重要ですが、往々にして「俺は勉強時間が少なくても効率がいいから」とか「俺は質が悪くても量で補うから」とか言う人がいます。片方に依存するのは危険でしょう。自分に足りていない方を増やそうとする方が安全だと思います。私は周りに「お前の勉強法は効率良いと思うよ」とお世辞で褒めてもらった時も「いや、勉強時間が少ないと無意味だから」と返していました。常に自分の勉強状況に危機感を持つと宜しいのではないかと。特に浪人生は一度失敗している身なので自分のやり方を疑ってみる必要があると思います。

ありふれた事ばかりなので、特に参考にもならないでしょうが、何らかのお役に立てれば幸いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ハイライトさんは女性との付き合いのほうはどうなんですか
また友達とはよく遊ぶんですか?

Re: No title

共学校出身ですが、男子校出身の方と大差ないと思いますww
受験性時代は非リアでしたし

男友達とは主に麻雀ですかね
北大時代は周りとの関わりを極力避けていたので遊ぶことは少なかったです

No title

彼女いたことはあるんですか??

Re: No title

一応ありますよ
プロフィール

hi-lite

Author:hi-lite
北海道出身
北大理学部を中退、理科一類を経て東大工学部へ進学
Twitter:@hilite69
趣味は書道、ドライブ
2014年9月より1型糖尿病(IDDM)患者

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。