スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院体験記 1

病気になると誰しもネットなどで調べると思います。僕も入院中暇で仕方なかったのでかなり糖尿病について調べました。そこら辺の医学生よりは糖尿病に関して詳しい自信があります。
実際に調べてみると、当たり前ですが2型糖尿病の話が圧倒的に多い。勿論同じ病気なので参考にならないわけではないのですが、当時の私は「入院してどんな治療、検査がされるんだろう」とビクビクしていました。一方で2型糖尿病で入院する患者さんは多くの場合合併症が進行した重篤な人か教育入院(糖尿病の治療である食事療法・運動療法に慣れること、また糖尿病に関する知識を得ることを目的とした治療というよりも文字通り教育的な入院)をする人です。又、1型糖尿病の人の体験記は大体治療の過程=日常生活に関するものが基本で入院・検査に関するものは少ないです。
つまり、1型糖尿病を発症したばかりの人が入院生活の不安を解消するために役立つ情報が非常に少ないのです。そこで私と同じ境遇にある人や家族・友人が糖尿病を発症した人の不安解消に少しでもなればと思い、実際に私が体験した検査・入院について書きます。2型糖尿病がやや進行して入院される方も恐らくは似た感じなのではないかと思います。
先ずは検査についてです。
糖尿病は放置しておくと様々な合併症を引き起こしますが、特に網膜症・腎症・神経症を3大合併症といいます。なので、検査もこれらの進行具合を調べるものが多いです。

○採血(腕)
基本中の基本ですね。糖尿病において非常に重要な指標血糖値とHbA1cを始め、よく分からない項目まで色々調べてもらえます。私は外来と入院で合わせて4回くらいやりました。大体の糖尿患者は1~2ヶ月に1回採血をするので勝手に慣れます。慣れたら大して痛くなくなるので安心して下さい。

○採血(股)
腎臓に近い太い血管から採血されますが、痛いです。血管が奥にあるから、刺した瞬間の痛みと押しこむ痛みの二つが味わえるお得なコースです。痛いんですけどまぁ耐えられます。注射が嫌いで11歳の時にインフルエンザの予防注射から逃れるため病院から脱走した私でもウッとなるくらいです。私は研修中の若い女医さんにギリギリまでパンツを降ろされて注射されました。その筋の人にはご褒美かもしれません。痛いけど(むしろ痛いから?)。

○検尿
これも基本的かつ楽な検査です。大学の保健センターに行った時、真っ先に尿検査をされました。尿から糖が検出された場合は十中八九糖尿病だと思ったほうがいいです。尿から糖が検出されるということは普通の人はまず有り得ず、血糖値180以上である可能性が非常に高いです。ちなみに、糖尿患者は頻尿故にすぐ尿が出るため楽です。僕は呼ばれるのを待っている間に用をたしていたのに、呼ばれてすぐ「じゃあ尿を調べようか」と言われても難なく出せましたw
糖の他にもケトン・タンパク質も検査されます。これらが大量に出ていると非常に危険です。私はよくケトンが出ていたので何度も点滴のお世話になりました。

○蓄尿
1日分の尿を全て貯めるように支持されます。紙コップなどで受け、それを指定の場所に貯めるだけなので楽な検査なのですが、糖尿患者は多尿で、しかも点滴を打っていたらただでさえ多い尿がものすごく多くなるので紙コップが何個も必要となりある意味面倒です。ちなみに私は最大1回で700ml出した事があります。

○検便
神経症の一つとして自律神経の失調があるため消化器などが弱まる事があります。恐らくそこら辺の検査なのでしょう。

○頸部エコー及び腹部エコー
頸動脈などを調べることで動脈硬化の進行状況や甲状腺の異常(いずれも糖尿病によって進行が早まる部分です)を検査します。又、腹部検査では腎臓などの内蔵を検査します。単にくすぐったいだけの検査ですね。

○レントゲン
病院に外来で来た時と入院して直後に取られました。これも内蔵の状態などを調べるのでしょうか。普通の検査です。

○心電図
糖尿病は血管の病気ですから、重要な検査です。私は3日連続でやりました。これもくすぐったいだけの楽な検査。

○筋電図
もろ神経に異常がないか調べる検査です。身体に電流を流して筋肉の反応を調べる検査なので少しビリっとしますが痛くはありません。身体が意に反してピクっと動くのは面白いです。ちなみに私は異常値が出ました笑

○眼底検査
眼圧や眼底の毛細血管の様子を検査されます。目の検査ということでビクビクしていましたが痛みはありません。代わりにかなり眩しいです。又、まぶたを閉じないように抑えられるのですが、下手な人にやられると不快です。

上記の他に1つアルファベット3文字の検査があったのですが、名前を忘れました。エコーみたいな感じで痛くはありません。
取り敢えず、検査関連で痛いのは採血くらいです。病院で何をされるか分からず怖いと思う人もいるでしょうが、女々しい私でも耐えられたので心配する必要はありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hi-lite

Author:hi-lite
北海道出身
北大理学部を中退、理科一類を経て東大工学部へ進学
Twitter:@hilite69
趣味は書道、ドライブ
2014年9月より1型糖尿病(IDDM)患者

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。