スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院体験記 9

長かった入院体験記も遂にこれで終わりです。8月がバイト漬けだったこともあり9月は遊ぼうと決めていたのですが、気がついたら殆ど終わってしまいました。それでも、たまにはこうゆっくり規則正しい生活を送るのも悪くはないのかもしれません。入院費がかかることだけが問題ですが、幸い私の場合は加入していた保険で賄えたようです。あれ程早く退院したいと思っていたのにいざ間近になるとどこか寂しく感じるのは人の性でしょうか。

9月17日
血糖値→朝食前65(30分後110)、昼食前69(20分後100)、夕食前111、就寝前123
Basal→0~5時0.15、5~15時0.6、15~21時0.4、21~0時0.15 / Bolus→9‐6‐7
朝に7度目の低血糖だが割と高い数値のせいか自覚症状なし。そして昼前に8度目の低血糖。今まで昼前に低血糖になったことが無かったので驚き。ソモジー効果はどうした。ていうか、69ならもう少し頑張っておけと無茶なことを思う。連続で低血糖になったことことを受け、5~21時の0.6を0.4にまで大幅に下げた。その際、19日まで入院できないか打診されたが、1日でも早く退院したいので18日にしてもらった。夕食前・就寝前は良好…かと思いきや何故かCGMSがエラーを吐く。このせいで夜のデータが取れないことが確定し、このせいで退院が遅れたらどうしてくれようかなどと考える。

9月18日
血糖値→朝食前117、昼食前135
Basal→0~5時0.15、5~11時0.5、11~21時0.4、21~0時0.15 / Bolus→9‐6‐7
朝はまずまずの血糖。久々の3桁であった。朝食を終えると退院の手続きなどが始まる。入院費は16日入院して約17.5万円。教育入院は14日で約10万円らしいのでやはり検査代は結構かかる。荷物などもすぐにまとめ、何となく感慨に浸っていると医局に呼ばれる。CGMSを解析するが、昨晩のエラーの為データは殆ど得られず。朝前が比較的高めだったので5~21時0.4を5~11時だけ0.5まで上げることに。これによって1日当たり30.2単位の投与で済むになる。開始時は40あったのですから大幅な減少。心配していた退院も問題なく、晴れやかな気持ち。昼前は少し高かったが、そんなことよりも最後の食事なんだなぁという感傷の方が大きかった。昼食後は業者の方が来て最新のポンプを受け取ったり、ポンプを付け替えたり、薬剤師さんの話を聞いたり、いよいよ退院なんだなぁと実感していく。いざ退院、となる前にポンプにエラーが発生し再び付け替えるはめに。幸先悪いなぁと思いながらも無事退院。今後も通院していくことになるが、やはり寂しいものだ。

ここまで読んでいただきありがとうございました。1型糖尿病患者のブログはたくさんありますが、入院してどんなことをするかということは案外載っていなかったりします。これから入院する患者の方、ご家族の方のお役に立てれば幸いです。
糖尿病は治ることがありません。特に1型は一生インシュリンと付き合っていかなければなりません。私自身、退院してからの日が浅いので四苦八苦しています。退院したからもう大丈夫だなんて思わず(思う人なんて居ないと思いますが)、長期的な視点で考えなければなりません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hi-lite

Author:hi-lite
北海道出身
北大理学部を中退、理科一類を経て東大工学部へ進学
Twitter:@hilite69
趣味は書道、ドライブ
2014年9月より1型糖尿病(IDDM)患者

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。