スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学部ガイダンスに行ってきた

9月30日に工学部ガイダンスがあったので行ってきました。
Twitterでは話題になっていますが、工学部が5学期制になる虞があるとかないとか。
どういうことかというと、よく分からない改革をして何の成果も上げずどんどん悪くなっていくだけの東京大学は4学期制を導入することになりました。全くもって意味不明です。その上、4学期制にも二種類あってそれぞれの長期休暇がずれています。さすがアホ大学。
タイプ1→夏季休業8月、冬季休業1~3月
タイプ2→夏季休業6~8月、冬季休業3月
まぁ、これだけならバカ大学ワロスwで済むんですよ、長期休暇も合計4ヶ月ありますから。
さて、話題の工学部は来年だけタイプ1で再来年以降はタイプ2にするそうです。問題は、移行期間において、28年度春に行う科目を一部27年度の冬休みに繰り上げる可能性がある点です。そうすると、なんと27年度の冬休みは3月だけになります。
頭悪すぎてびっくりですね。じゃあ27年度もタイプ2でやれよ。移行期間が必要なら仕方ないとして、繰り上げる必要がどこにある?
取り敢えず形から入って結局何も変わらないのは政治だけで十分ですよ。
その後学科ガイダンス、コースガイダンスとありました。
学科ガイダンスは必修がすくないから履修の自由度が高いと言っておきながら、コースガイダンスで限定選択は48単位中40単位習得しないと卒業できないから実質必修のようなものと言われる。古典的な詐欺を匂わせます。必修は少ないと言ったが、実質必修の科目が無いとは言っていない的な。まぁそれだけ重要な科目ということで割り切っていきます。
私の進学先はウェイウェイしていることで有名なのでものすごく心配だったのですが、取り敢えず既知の友人が4人居たので一安心。
元々第一志望の学科だったのである程度は頑張らないといけませんね。ただ、一番興味があるプラズマ・核融合が超物理・数学なのでそこには行けないかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hi-lite

Author:hi-lite
北海道出身
北大理学部を中退、理科一類を経て東大工学部へ進学
Twitter:@hilite69
趣味は書道、ドライブ
2014年9月より1型糖尿病(IDDM)患者

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。